はむはむソフト公式ブログ-未発達の穴

18禁美少女ゲームブランド「はむはむソフト」の公式ブログ。
(身体もココロも)可愛くて未発達・成長中な女の子たちが大好きです!
※18歳以上、二次元限定です。また出てくる文章はすべて未成年を意味するものではありません。

美少女ゲームブランドニュース 美少女ゲーム情報サイト
★→相互RSSしてくださるサイト様を募集しております!

公式サイトは→ http://hamham.sc/
★2018年新作 「妹を汚した記憶」(いもけが)
情報公開中! → http://hamham.sc/imokega/

doinakaED

◇ゆうかげ(ド田舎ちゃんねる5~こちら鈴音学園放送部ED曲) fullVer.

ボーカル:nao
作詞:nao
作曲・編曲:新井健史
サックス:UYE!


古びた石段のぼり 仰ぎ見る空は
いつもと何もかわらず でも雲はカタチ変えて…

いつか見た夢も 過ぎた時間も忘れて
思い出に変えながら 大人になるのかな?

夕日浮かぶ帰り道に みんなの影を探して…
聞こえてくる笑い声に 僕の足音重ねる
ひまわり静かにゆれた…


流れる小さな川に 紙の船流し
追いかけはしゃいだ僕も 君の背を追い越して  

何もない日々に 流れる草木の葉音  
鈴の音響いていた 何気ない日常に…

みんなが居た 君が居た通り過ぎ行く夏の日
畷通り、野原抜けて 並んでまだ歩いていこう?


夕日浮かぶ帰り道に みんなの影を探して…
聞こえてくる笑い声と 僕の足音重ねて

みんなが居た君が居た 通り過ぎ行く夏の日
畷通り、野原抜けて 並んでまた歩いていこう

みんな 大人になっても…


◆ダウンロードはこちらから






ド田舎ちゃんねる5 ~こちら鈴音学園放送部~

dl_naisyo


オリジナル版タイトル: ないしょ思春期~ヒミツに恋する妹たち~(販売終了) 2008/11/28発売
DL版タイトル: 女子校生淫愛思春期~ヒミツな放課後~ 2011/4/8発売

 ※ダウンロード(DL)版とオリジナル版の内容は同じです。

■公式サイト(動作環境などはこちらをご確認ください)

■グラフィックサンプル(CGアーカイブ)

■主題歌「ないしょ思春期」(サウンドアーカイブ)

■キャラクター

桜田未柚(CV:新堂真弓) ▶サンプルボイス  (1)  (2) 
水城杏(CV:小倉結衣) ▶サンプルボイス  (1)  (2) 
永見悠子(CV:あさり☆) ▶サンプルボイス  (1)  (2) 
三浦真紀(CV:櫻レオナ) ▶サンプルボイス  (1)  (2) 
鈴原六三郎(CV:加古川高) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  

■ダウンロード版販売サイト一覧
 

 

 

商業・同人ダウンロード販売 

 

 


-------

初めてのキスの相手は 義妹だった─。

唇が重なりあった後に考えてしまう、
「義妹とのこれまでの関係」。

しかし、義妹はただ、嬉しさから涙をためて、義兄にこう告げるのだった。

「お兄ちゃん、キスしたことは……
  私たちの『ないしょ』だよ?」

こうして、義妹との新しい「これからの関係」が始まっていく。

全てを、「ないしょ」や「ヒミツ」に変えて。

「ぜんぶ、ないしょにしちゃえばいいんだよ。」

---

★女の子自身に”ないしょ”があるのではなく、2人でないしょを作っていく。

「ないしょ思春期~ヒミツに恋する妹たち~」は、
ヒロインたちに”ないしょ”があるのではなく、
その女の子と一緒に新しく”ないしょ”を作り、共有していくゲームです。

 himitu_menu04_02

こっそりと”ないしょの時間”を共有した2人は、キスから始まるHな行為に及び、
他の人に黙っていることが背徳感を高め、どんどんとエスカレートしていきます。
 
最初は家だけだったのに、学校の教室で、体育倉庫で、公園で……。
 
「これ以上はまずい」と思いつつも、どうしても抜け出せない。
 
「~時までなら大丈夫」「ここなら、ひとけも無いし……大丈夫……だろう」 
限られた時間の中で、周りを気にしつつ、しっとりと絡み合う2人の男女のないしょのカンケイ。
今作では、こちらに拘って製作しております。


naisyo02


★女の子と関係をこっそり持った後も、他のヒロインとの関係は続いていく。

特定の女の子と「こっそり付き合う」ことになっても、他の人間に悟られてはいけません。
ヒロインたちは関係を持った後も、自分とその他の人との関係を崩したくはないのです。
 
よって、いつもどおりの時間を過ごし、
合間合間でこっそりと主人公と逢引きしていくことになります。
 
しかし、どうしても顔やテンションに出てしまうなど、心の動揺が現れてしまいます。
「思春期」ゆえの、複雑な心境が垣間見えることになります。

これは主人公にとっても例外ではなく、
こっそりと複数人と付き合うことも可能になっています。
 
それぞれの”ないしょを共有”したら、どうなるのでしょうか……? 


naisyo03


★バレて関係が崩れるくらいなら、いっそ。ないしょを告白するもしないも自由。

ある程度キャラのシナリオを進行させるうちに、
だんだん”ないしょの時間”が学園生活にも大きく影響しだし、
ヒミツを隠し切れなくなっていきます。
 
中途半端なままバレて、他の人間との関係が壊れるなら、
いっそ自分から告白しようか、それともずっと黙っていようか。
 
ないしょを”告白する”か、”告白しない”か。
その最終判断をプレイヤーが選択できます。
 
その選択肢の先にあるものは──?
 
女子校生淫愛思春期~ヒミツな放課後~

Lolo


さて、今回の題材は、ズバリ「SLGのパンツはどうして見えるのか」。


そもそも、女性にとってパンツが見えるというのは、恥ずかしいこと。
出来る限り隠そうとしているはずです。

例えば、女性が電車で対面に座った時。
例えば、女性が正面がガラス張りの喫茶店に面して座った時。

スカートの中身を隠そうと、ハンカチやバッグなどを腿の上に置いている、
そんな女性を、日常生活で目にすることも多いはずです。
ここまで防御されている限り、本人の同意以外にパンツが見える最たる理由は、
女性が痴女ではないかぎり、「ハプニング」なわけです。



では「SLG」は何故見えてしまうのか?



それは……







パンツの隠し方を知らない から。




例えば、先ほどの「女性がパンツを隠す仕草」。
これを、SLGはまだ習得していません。

こういうものは誰かに教わるというより、周りを見て、
「あ、こうしないとパンツ見えちゃう」
「あ、この服だとパンツが見えちゃうな」等と気づいて、
自ら学んでいくものですが、
まだ、そこまで達していない年代、それがSLGなわけです。
(勿論、誰かに指摘されて学ぶ部分もありますが、
 それよりは、実体験で恥ずかしいと感じて気にし始めるのが多いかと思います)

js_honki_02_01

例えば上の繪里の場合、マンガを見ることに集中していてパンツが丸見えですが、
本人はパンツが見えてることに気づいていませんし、
どうしてパンツが見えるのか、ということも判っていません。
(パンツ以外にも、見えそうな胸などの無防備な部分が他にございますが、
 それはまた別の機会にお話します)



遊び盛りのこの世代、男子といっしょにサッカーをするなど、
男女間の体力差があまり無い状況で、パンツを気にして遊ぶだろうか?
あるいは、パンツが見えないような服装を、わざわざ選ぶとこまで意識が行くだろうか。



答えは、



まだまだ伸び盛り、心も身体も発展途上な世代、それがSLGです。




ただし、ここで重要なのは
「パンツが見えてるのを指摘されると恥ずかしがる」
ということ。
痴女ではありませんし、パンツは相手に見せるものではない、
ということまでは判っています。
ただ、隠し方が判らない…下半身にまで意識が行き届かない。



そんなバランスが取れない、
ある意味危うい世代がSLGなわけです。




つまりは……パンツひとつにとっても

----------------------------------------------------------------------------------------------- 

js_honki_02_02



ということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------


ここで大事なのは、パンツが見える、見えないだけでなく、
「パンツが見えた時、それを見た男の人がどう思うのかもわからない」
という点なのですが……、それはまた次回以降ということで。

それでは、またお会いいたしましょう。

------------------------------------

※現在、次回作へ「性徴成長中少女(セミリトルガール)」の概念を繋げるために
 「LOあんぐる!!」「ろーらいず!!!」の公式Webで公開されていた「SLG本気語り」を編集し
 ブログによるアーカイブ化を進めております。
 なお、編集の際に若干表現を元ネタから変更させている箇所があります。


 LOあんぐる!! ろーらいず!!!
 

manga01_05

manga01_06

manga01_07

manga01_08



かつて「新ブランドをつくろう!」と無闇に燃え上がっていたころの
はむはむソフトを描いた、全18pに渡る渾身の力作!

------------------------------------

※現在、過去に小冊子などに掲載した漫画類の
 ブログによるアーカイブ化を進めております。
 

 

lo11

下地和彦です。
画像はなんか頭にフッと湧いただけで、内容と全然関係ありません(ええっ?!)

少しずつアーカイブ化を進めております。いやはや色々懐かしいですね…。
まとめ切るにはまだまだ時間がかかりそうではございますけども。
しかし便利だなぁブログ…。以前使ってた時とは大違いだ…。

さて、今回は表題のとおり、「画面比率」の話題です。
画面比率というと、4:3とか16:9とかそんなんですね。
過去、ゲームの画面比率について、ものすごく悩んだことがありました。


himitu_menu04_04

「ないしょ思春期」までは4:3でやってたんですけど、
立ち絵は2人までなら通常の大きさでもなんとかなるけど、
3人ならぶとギュウギュウだったんですよね…。

強引に並べようとすると、「立ち絵」そのものを縮める必要が出てきて、
絵を見せるゲームなのに、見せたい絵を縮めて背景目立たせてどうすんだ! という葛藤が…。
かといって縮めないと
「あ、あたしが後ろに隠れちゃう~」って思うキャラも出てくるだろうなっていうw

自分の場合、
「立ち絵演出」にこだわっていたので、かなりのデメリットを感じていました。

もちろん、モニターそのものの比率のベースデザインが時代とともに変わって、
4:3だと古く感じてしまうようになった、というのもデメリットの一つ。

細かい話をすると、イベントCGの時、
キャラに比べて背景の情報量が多くなってしまう、という部分もありました。
さっき出てきた画像を、4:3にすると…

lo12

こんな感じで、キャラがやや小さくなり、背景を広げる必要が出てきて
書き込む部分が増えてしまうんです。
作業量的な部分と、画面上に見える背景範囲が増えてキャラが目立ちにくい、
というデメリットですね。

しかし、「ほぼA4の紙に描いたものをそのまま画面に出せる」という
4:3最大のメリットもあって、同人誌などの冊子でも書き慣れてる比率。
原画担当にとっても、構図を作る上で最も扱いやすい比率なのは間違いないのです。
なので、一枚絵としてのバランスは4:3のままでも全然問題ありませんでした。

でもそれだと、
「A4全体を使って、4:3きっちりで作ってしまってて、画面が全く動かせない」
というデメリットもありました。
最初から動くことを想定して発注しとけばいいのですが、
後から演出を付け加えたい、となったときに制約があったんです。


イラストCG集ではなくてゲームなので、
やはりその辺りは動かして、演出できるようにしたい。



とまぁ、色々考えた末、
「画面エフェクトと立ち絵演出を最大限利用する、ド田舎ちゃんねる5で比率を変更しよう」
 
となったわけですが、ここでまた、さらに大きな悩みが。
 


それはずばり、

16:9にするか、16:10にするか…

です。 



当時(今もですが)、液晶モニターの比率で16:9のものが多かったこともあり、
大多数のエロゲーが16:9を採用する中、
皆さんご存じのとおり、はむはむソフトでは「16:10」を採用致しました

なぜか?
それは、もうこの一点に集約されます。



「縦が狭すぎぃ!!」



当時、16:9も試してみましたが、
やっぱり、縦がこれだけ縮まっちゃうと、画面に入れるのはもちろん、
作画の段階で原画さんも凄い苦労しちゃうんですよね。
で、おもいっきり窮屈そうに「やっと画面に入ったよー」って絵になってしまいがちという…

さっきの絵を強引に16:9で、同様の内容にしようとすると…

lo13

こんな感じに傾けて、やっと
「キャラがギリギリ頭切れず、パンツ見えて、股間蹴ってる」
という、入れたい情報がすべて入る感じですね。
(外枠に白い部分があるのは、作画されてないからです)

ただこれでも、右の男の子の情報は入りきらないという…
もっと縮めれば入るのだとは思うのですが、それではヒロインが小さくなって
結局4:3の時のように背景の情報が増えてしまう…と。

あとは立ち絵で「身長差」を出したいときに、
殆ど上下出来ない
というデメリットもありました。
男キャラに至っては「頭が常に画面外」になってしまう可能性も。


「そこで悩むのは嫌だな!」


というわけで、
「はむはむは16:10で行こう!」となったわけでございます。

16:10だと、「ド田舎」内で番組放送時に
テレビの画面枠を作っても違和感なかったというのも決定時の大きな要因だったと思います。

ただそれでも、やっぱり4:3の時に比べて上下の狭さはまだ感じていたので、
作画範囲は4:3で、作画の中心部分(重要な部分)は16:10内に収める…という
イベントCGの表示範囲をある程度自由に調整出来るように設計することにしました。
(システム上で、ユーザーが上下PAN出来るようになったのは「ろーらいず!!!」からですが…)


まぁ、あとは16:9だとコンシューマーに移植が楽だっていうメリットもあるんですが、

自分たちはコンシューマーに採用されるようなゲームは作ってない!
って自負があったので、あっさりと16:10を選んだ


というのもありますね! (ま、負け惜しみじゃないもんっ!;;)


今のところ、16:10で演出もしやすいし、見栄えも悪く無いと感じているので
はむはむソフトは、今後しばらくの間も
モニターの新しい比率がベースにならないかぎり、16:10でしょう!多分!


※サンプル絵は16:10用の比率で作画してもらっているので、
 別の比率なら、それに合わせた全く違うの構図になると思います。念のため。



---

以下、頂いたコメントへのレスです。

>自分のプレイしたはむはむ作品でド田舎がベストです。Low-riseがそれに競る感じでしょうか。
ド田舎のキャラの立ち位置をドリフのメンバーに例えていましたが、本当にコントを見ているようで次へ次へとさくさく楽しく遊べました。


ド田舎は本当に計算し尽くして作ったゲームなので、自分としても最も楽しい作品でしたね!
他の作品も、もちろんそれとは別の思い入れがありますが。
「ろーらいず!!!」のお仕事シーンは、ド田舎の番組の息吹を少し感じますねw

ただ…それに売上が比例しないのが、はむはむソフトの悲しさでございます;;
まだまだ努力不足! 頑張らねば!


 


mikip01


ほげ~まだまだ暑いでしゅな…アイス!アイスが無いと生きていけないでしゅ。
会社帰りにアイスを買うにも限界が…もう通販で大量に買ってしまうべきか悩む所でしゅな

8月も終わりでしゅが今年も海やプールなど何も夏らしい事しないで
終わりそうもじゃ~。

ところでみきぽん気がついた!SLGの夏の薄着姿は良く見かけましゅ。
最近の子はもう靴から服までトータールでお洒落さん多いでしゅなご馳走さまです(´ω`*)
SLGはいい 

問題はSLBだ!ボーイでしゅよボーイ!お.と.こ.の子だっ


mikip02


みきぽんの時代(詳しく考えるな感じろ)
半ズボン…はっハーフパンツを穿いて
上はタンクトップ姿の裸の大将SLBが何人か居ましたが
最近のSLBは裸の大将いないのか?絶滅危惧種なのか?
みきぽんのご近所では見かけないでしゅ 夏を感じたい(ノД`)・゜・。


そういえば裸の大将SLBは冬も同じ姿だったな~
鼻水たらしてたけど風邪引いてなかったもげら?



下地和彦です。
本日よりWebラジオアーカイブがスタートしました。

公式Webでは今までラジオのページも複数箇所に分かれてしまっていて
過去のを探すのが大変だったのですが、
これで一気に見やすくなればいいなぁ…と思っています。
もちろん「じとらじ~じとらいぶ」も今後まとめていきますよ!

radio01

で、今回の「咆哮!らじおちゃんねる!」の前期を収録している期間は
ド田舎ちゃんねる5」を製作している時期なわけですが、
もう本当に本当にしんどかったですね…。

台本をしっかり用意して、コーナー案も出してきっちり”番組”として成立させたかったので
ラジオ用のシナリオと並行してゲームのシナリオ、そしてWeb用の文章を書きつつ、
経理や外注の管理、原画への指示書なども作って
スクリプト演出BGMもやって体験版も複数作って…
うごごご。

細かい話ですが、当時のスクリプトも、今に比べると直感的なものではなくて、
キャラにタライ落としたりするのもかなり強引にやってました。
(分かる人にはわかると思いますが、前のはオブジェクト指向じゃなかったのです)


radio02


そんなこんなで「ド田舎」期間は、
企画スタートから完成まで、連休を取った記憶がありません。
日曜日も家に持ち帰って文章打ってたり、
ミニ鍵盤を用意して動作が重いノーパソで強引に作曲してたりしました。

正直、まーよう、皆着いて来てくれたなーって思います。
(と、妹スクのころから言っている気もしますが)

全員の仕事の総量で言ったら、間違いなく「ド田舎」が一番多いでしょうねえ。

でも多分、自分単独でのお話ではありますが、
単純な仕事量だけでいったら今のほうが上な気もするんですよねー。
今は忙しくても「あー、こうすればいいや」っていう”慣れ”があるというか。
「これは明日までにやれば間に合うから、今日は少し早めに上がっても大丈夫だな」とか。
結局、上記で書いてる仕事は今でも継続してますからね…


慣れってコエーな!!\(^o^)/


しかし当時はそういう”慣れ”も無くて、
「あれも入れよう、これもやったほうがいいと思う」と思いついたものをすべて強引に実行してたので、
色々とイレギュラーも多く発生したりして、終わった後の脱力感が半端なく、
それが「しんどかった」という思い出につながっているのかもしれません。


その分「楽しかった!」という思い出も、また強いわけですが。


多分他のメンバーも、思い入れが一番強い作品なんじゃないかと思います。
作るの大変だったけど、試行錯誤がとっても楽しかったですねー。

radio03


まぁそんなわけで、
楽しくも死ぬような思いをして録った「咆哮!らじおちゃんねる!」。
今聞くと音声に疲れを感じるような気がしますがw 
聴いたこと無いって人は、ぜひ一度聴いてみてくださいねー\(^o^)/



radio_title


ド田舎ちゃんねる5~フラグへし折り男 の開発中に放送された
Webラジオをまとめています。

パーソナリティ : あさり☆/加古川高

■これで苦手な英語もへっちゃらさ!「はむはむえいかいわ」
■青春時代の黒歴史ノートを、今こそ解き放て!「妄想勇者会議」
■スタッフ交えてトークコーナー!
 第一回目ゲスト(?)は、はむはむソフト代表の下地和彦。
■何でもおしゃれにご返答!「はむ子姐さんのおしゃれ工房」
■その他、フリートークなど。







 

jacket

下地和彦です。
本日、「こんいろ∞トキメキ!!」Short版のアーカイブ化を行いました。

はむはむソフトそのものよりも知られている気がするこの曲、
なんというか、すでに自分の元を離れてる感がございます。

ニコニコの某アイ○ス動画などで使われてるのをみたりして
Pの一人である自分としてはニヤリとしてしまうこともあったり…w

(※念のためですが、公式に許可を出してるわけではありませんので、データの取り扱いにはご注意ください。
 Short版はWeb配布しているので、まぁ大丈夫かなと…)



「元ネタ知らなかった…」という方は
この機会に覚えていってくださると…うれしいです\(;o;)/


一所懸命に歌詞かいたからね!


で、この曲のfullが初めて収録されたのが、
上に貼った画像の、「主題歌マキシシングル」なわけですが…

表題のとおり、このマキシのデータを含め、
「妹スク」「ないしょ」時代のデータは、過去のサーバー崩壊により、
ほぼ闇に飲まれて(消滅して)しまいました…。

emham2_hyousi

正確には、統合データやマスターデータはあるんだけど、
キャラと背景や文字が分離した、いわゆる「レイヤーバラデータ」が存在してない状況なのです。
昔のWebデータ(最初期のはむはむWebのデザインとか)に至っては
今公式Webでリンクが繋がってて見られるもの以外は大部分が消滅しております。

ふえぇ……

こないだの記事のは、そんな中で奇跡的に残っていたって感じですね…。
妹スクよりさらに昔だったのが逆に良かったのかな。

imosuku_tereka01

これは、ピンナップなどの描き下ろし絵も一緒で、
妹スクの特典絵なんて、WebにUPされてた小さい解像度のやつしか残ってないんですよね…
うっうっ……バラデータが残ってたら色々遊べたのに……残念;;

もしかしたらそこら辺に転がっているむき出しのHDDの中にあるのかもしれませんが、
接続するユニットを買ってこないとダメだな…><


みなさんバックアップはちゃんと取りましょう…(教訓)


------
以下、頂いたコメントのレスです。

>おわっ、こんなところにコメント欄が。気が付かなかった。これはしたり。 
>スク水大好きだから、このゲームが出た時は喜びました。確か3本買ったかな。 
>愛のパワー無限大。


いつも大変お世話になっておりますm(__)m
スク水ゲーって当時は結構多かったですねー。優遇接待とかやりまくった><

スク水少女愛好の皆様に楽しんでいただける作品になれて嬉しいです…!



★製品情報はこちら →妹に!スク水着せたら脱がさないっ!

imo01

「こんいろ∞トキメキ!!」

fripSide NAO project

words:Kazuhiko Shimochi,Shinichiro Yamashita,fripSide
music&arrangement:Satoshi Yaginuma,Kenji Arai

--

愛のパワ~∞(無限大)!
あなたにだけ届けたい
こんいろ∞トキメキ!!(su・ku・mi・zu!!)


紺色に包んだ 胸の奥
ほらっ 鼓動高鳴る...
隠せない気持ち 確かめてね?
そっと その手で触れて

あなただからね 特別なんだよ
You want me(いえい!)着てあげる!!(きゅ・う・すく!)

愛のパワ~∞!
着せたら脱がさない!
あなたにだけ届けたい
こんいろ♪Doki☆Doki!!(イエイ!)
 

跳ねてきらめく あたしを
もっと想像してほら☆
見せてあげるよ あなたに
こんいろ∞トキメキ!!(su・ku・mi・zu!!)

愛してくれる あなたに
応えたい あたしの
せ~いっぱいの想いは
こんいろ∞トキメキ!!
どうか受け止めて!
こんいろ∞トキメキ!!(su・ku・mi・zu!!イエイ!!)

◆ダウンロードはこちらから




女子校生コスプレファイル スクール水着を脱がさないっ!

下地和彦です。
アーカイブ化をしていくにあたって、「妹スク」から改めてデータを見なおしていると、
ハードディスクの隅っこに、謎のデータが。

syoki00





こ……これは……!





syoki01


「妹スク」の遥か前…
VA傘下ブランドとして所属する前に、サンプルとして提出していた企画の絵ではないか!!

簡単に説明しますと、VAにとりあえずお話を持っていく際に、当たり前ですが
「自分たちはエロゲーをちゃんと作れるよ!」というのをアピールしないと、と思い
製作した仮の企画があったんです。


で、通ればそのままゲーム化も…とも思ってたわけですが、
そんな甘い考え、うまくいくわけなくw
全リセットして、「スク水少女」をメインにしたゲームに切り替えていったのです。

絵と一緒に、当時書いた企画書も見つかったので読んでいたら、
少しですが「妹スク」にも流用したり、ゲーム製作の方針がにおう設定が見つかりました。
主人公やヒロインの名前とか一部システムとか、
特殊システムをどうにか自然にアドベンチャーゲームに組み込もうとしてたりとか。




正直全然覚えてないんですけどねw



なんというか、今見ると「無茶やなー」っていう部分があるのが
ちょっと面白かった
ので、企画書の一部を載せてみます。


ゲームタイトルは、この記事のタイトルである、

 もえつみ! ~萌えを積み上げろっ!~

です。今思うとメタメタですなぁ…。



▼以下、企画書の一部。
 「妹スク」と共通部分がある(と思われる)場所は灰色背景色にしておきます。

 なお画像は当時のものマジでそのまんまです
 スタッフは結成当時メンバー。(原画は池田先生、着色はテラカッパ氏とみらくるみきぽん)

 当たり前ですがこのころは「はむはむソフト」というブランド名も無かったですw

-----


■内容説明

ドラバタラブコメディ系。
女子校生達と「ほのぼの日常生活」「腕輪のパワーで不思議なH」「和姦」がテーマです。
エッチシーンは、ゲーム内で出てくる「モエモエの腕輪」の効果によって、
主人公が分身してH、主人公が風呂のお湯と同化して入り込んでくるなど、
特徴的なシチュエーションのシーンが用意されています。

例)下から突き上げている俺……、
  しかし彼女の口も犯したい! → 「俺が2人になれば良い」腕輪の力で主人公分身
 
例)幼馴染の誕生日のお祝い……、
  なんかエロイことしたい → 2人で飲んでいたジュースが酒化、ヒロインとベロベロH


陵辱的な描写はありません。

学校ということでスク水、ブルマ、レオタードなど様々なコスプレで、それらを着たHシーンも多数あります。
女子校生はみんな処女なものの、
回数を重ねることによってどんどんHに身体に開発されていき、おねだりするようにもなります。

行動範囲は、学校から家まで。

------

■あらすじ

恋とか愛とかサッパリ判らず、女の子の身体のことばかり考えてしまう主人公、相沢拓斗
「萌え~! とかそんなのだけで、彼女が出来たらいいのになあ~」
そんなことをふと思ったときに、部屋の窓に空からの流星が直撃!
「その願い、叶えられん」 煙と共に現れた、萌えの神様、萌神さま。
神から授かった「モエモエの腕輪」を使えば、自分が「萌え!」と思った人間と付き合えるという。
拓斗は腕輪のパワーを使って、無事彼女を作ることができるか!?

 
------
 
■キャッチフレーズ
 
▼説明用
 
驚きワクワク学園生活……。彼女のふとした仕草に、心がもう耐えられない!
そんなアナタにも……、はい、「モエモエの腕輪」!
不思議な神様パワーのお陰で、アレも心もお世話します!
 
キミも「萌え」を、積み上げろっ!
 
▼販売用
 
攻略キャラクターを決定するのはあなた!
ボタン一発「萌え積み」システムで、あなたの萌えキャラに投票せよ!
 
「萌え積みシステム」とは?
キャラクターの絵が表示されている間にボタンを押すことでそのキャラに“投票”され、
投票数によって進行ルートが決定します。いつでもボタン一つで「萌え積み」可能です。
(某「へぇ~ボタン」のようなものとお考えください)


■キャラクター数

▼登場人物

>[主人公] 相沢 拓斗(あいざわ たくと) 私立新巻学園2年生 167cm/58kg

彼女が欲しいと思っているが、女性の身体のことだけを考えるあまり、恋をしたことが無い主人公。
いつもHなシチュエーションのことばかり考えているが、それを表にはあまり出さない。
女性の身体に関することには、計り知れないパワーを発揮することがある。
HシーンではSッ気たっぷりで女の子に迫る。料理とかそういった家庭的なことが結構得意。

※「モエモエの腕輪」の効力
「幻影の技」──相手に幻影を見せて惑わせる。
「変化の技」──ジュースを酒に変えるなど、物質を別のものに変化させる。自分自身も変化できる。
「分身の技」──所有者を一時的に複数人に増やせる。感覚も全て共有する。

ただしすべて「女性」にのみ効果があり、その他のことに使おうとしても効果がない。


----

>萌神さま(仮) ボクッ娘

「萌え」を司る、主人公が住む地域にて祀られている神様。かなり偉そうな喋り方をする。
ふとした主人公の厚意に恩を感じ、願いを聞き届けるために主人公宅に居候する。
周りには「従兄弟の子供を預かっている」ということになっている。

「そこで! キミに良いモノをやろう。ボクの力を封じ込めた腕輪だ。大事に使えよ」
「ま、まさか──、ボクに萌えてるわけじゃないだろうな!」


syoki04

----

>幼なじみ子(仮名前:すくる) 私立新巻学園1年生 156cm/43kg 86/56/84

主人公の隣の家の幼馴染。昔はよく一緒に遊んでいたが今は疎遠気味。
主人公のことを気にはしているのだが自分からは何も言えない性格なので最近は会話もあまりない。
基本的にお願いされると断りきれない、純情な尽くし系タイプ。

「あ……、拓ちゃん、ひさしぶりだね。今日は家出るの早いんだね」
「え? 拓ちゃん……、急にどうしたの? そんなこと今まで言ったこと無かったのに」
 
syoki02


----

>める子(仮) 女 150cm/38kg 77/51/79

幼なじみ子の友達でクラスメート。極度の恥ずかしがり屋で、携帯メールでしか感情を表せない。
そのメールの内容は、本人の姿からは想像できないほどテンションが高い。
本人自身は殆ど喋らず、携帯を無くすと混乱する。メールをするときの口癖は「めるめる」。

(メール)『はーい♪ アタシめる子! よろしくネッ☆ \(^0^)/』
(本人)「めるめる……」「……ふっ」「……ふぅ」「ん……」「あ、あう……」
 
syoki03



 ----------
■システム

▼萌え積みシステム

「へぇ~ボタン」の感覚で、そのキャラクターの絵が表示されているときであれば
いつでもどこでもフラグ──他のゲームで言う好感度的なものを変化させられるシステム。

ユーザーが環境に合わせられるよう、
システムメニューで、マウス右クリックやキーボードのキーに割り当てられるようにする。
(以下、これらのキーを押すことを「萌えボタンを押す」、フラグを「萌えカウント」と表現する)

萌えカウントが一定の値になると、Hシーンが追加される。

萌えボタンを押すことで萌えカウントが上下されるため、選択肢は最低限数となり、
選択肢の表示によってシナリオを読むテンポを乱すようなことはない。
ただし、それだとどこで分岐が行われているか判り難いので、
分岐点にきたときに画面上に警告を出す。(ミニキャラを踊らせるなど)

プロローグにチュートリアル的なものを作る。

極端な話、ゲーム開始直後にボタンを連打して萌えカウントをMAXにすることも可能である。
ただしそれだと見られないシーンがあるなど、攻略要素を付加する。


▼萌え積み最終評価システム

キャラごとの萌えカウントとは別に、シチュエーション別の萌えカウントも数えておく。
エンディング後、カウント数によって最終評価が出る。
例えばスク水CGのときのカウントが一番多ければ、ED後に「あなたはスク水が好みのようです」など。
そのカウント数によって、おまけシナリオ等できれば、と考えている。


▼分岐表システム

ゲームの進行状況が一目でわかる攻略マップのようなもの。
一つのイベントが終わるたびに1マス右へ進行する。
これをゲーム中いつでも見られるようにすることで、効率的なイベント回収が可能。

デバッグ時にルートを簡単に把握できたり、攻略記事が書きやすくなるなど、
対ユーザー以外の部分でもメリットがある。


▼射精部分選択システム

例えば正常位であれば膣内出し/膣外出しを選択できるなど、
射精部分を色々選択できるようにする。


▼回想用事前選択システム

回想シーン中に上記の射精部分の選択肢があると邪魔なので、
シーン突入時にあらかじめ射精部位を決められるようにする

……等、ユーザーにとって「あったら嬉しい」ものを常に導入していく。
(「オートモード」「回想モード」「バックログ」などは、最初から「必要」なものとして考えています)



dl_imosuku

オリジナル版タイトル: 妹に!スク水着せたら脱がさないっ!(販売終了) 2007/12/21発売
現行版タイトル: 妹に!スク水着せたら脱がさないっ!Erotica 2009/4/3発売
DL版タイトル: 女子校生コスプレファイル スクール水着を脱がさないっ! 2009/3/13発売

 ※ダウンロード(DL)版と現行版の内容は同じです。

■公式サイト(動作環境などはこちらをご確認ください)

■グラフィックサンプル(CGアーカイブ)

■主題歌「こんいろ∞トキメキ!!」(サウンドアーカイブ)

■キャラクター

相沢萌(CV:佐々木あかり) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  (3)
間宮すくる(CV:あさり) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  (3)
鈴原恵子(CV:森川陽子) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  (3)
みちる(CV:天天) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  (3)
鈴原一剛(CV:加古川高) ▶サンプルボイス  (1)  (2)  (3)  (4)

■ダウンロード版販売サイト一覧
 

 

 

商業・同人ダウンロード販売 

 


--------------

「スク水少女」愛好に命をかける主人公、相沢拓斗。
理想の「スク水少女」発掘を目指し、
本、ネット、あらゆるメディアを捜索する毎日。

ある日、いつものように己を高めるべく机に向かっていると、
妹・萌(もゆ)がこんなことを言い出した。

「お兄ちゃん、学校の水着が好きなんでしょ……?
 萌が着てあげよっか?

こうしてみんなにヒミツの写真撮影会が行われる日々に。
そしてついに一線を……!

----


game_02


★妹だから、着てくれる。着てくれたから、してあげる。

「妹スク」は、愛らしい妹達とアマアマなエッチライフを送るエロゲーです!!

お兄ちゃんのことが大好きで、 
 お兄ちゃんのためにスク水を着てくれる妹たちと、 ラブラブアマアマな毎日を送ろう! 
 同意の上のエッチが満載のエロ中心アドベンチャーゲームです!

3人の妹たちが、お兄ちゃんのために頑張ります!


game_06


★お兄ちゃんだから、着てあげる。着てあげたから、してあげる。

全イベントCG中、HなCGの割合は90%。そのうちスク水率は脅威の100%!

他のコスに浮気することなく  徹底的に「スク水少女」との Hシーンを楽しめます! 
 (体操着+スク水コラボなどはあります) 

欝展開とかありません! 寝取られなどもありません!
 突然SFになったり宇宙の力を手に入れたりしません!
 そういう意味での「シナリオ」はありませんが、
「妹とアマアマに過ごす」シナリオはたっぷりです!

設定はバカですが、内容はバカゲーではありません。
「スク水少女とのH」その一点を追求する
所謂「皆様に使っていただきたい」エロゲーです!

妹としての悩み、関係を壊したくないという悩み……
そんなのも少しはあるけども、 お互いの悩みも不安も全てHで吹き飛ばし、幸せになろう!
そんなゲームです。

「スク水少女」を徹底的に愛しつくす!それが全てです。


game_08

★タイトルに偽りなし!スク水は「絶対に脱がさない!」

せっかくお兄ちゃんを想ってスク水を着てくれてるのに
脱がせるなんて、スク水と妹に失礼です!

 あっても半脱ぎまで(それはエロイから!)
 全部は絶対に脱がせません!

 また、「スク水着てても着て無くても同じ」にならないよう
 Hシーンでは必ずスク水の描写も入ります。

 まさにスク水少女が好きな方におすすめ!
属性が無い方も、 新しい自分を見つけられるかもしれない!

スク水少女は僕らを裏切らないっ!



eventcg_03b


★新スク旧スクよりどりみどり!

萌・すくる・恵子のメインヒロイン 3人は新スク旧スク選択可能!

 シナリオも独立しているので「新スク」「旧スク」特有のイベントが目白押し!

 難しい選択肢も一切なく、
一緒に過ごしたいキャラクターを  選択するだけのお手軽設計!
 (でも条件によって3pなどに発展します!)


 あとはスク水少女を愛でるだけ!です! 

 
女子校生コスプレファイル スクール水着を脱がさないっ!

jsjs
 

SLG紳士の皆様、並びにこちらの世界に、わずかでもご興味がある皆様。
 平素より大変お世話になっております。
 今回より「SLG本気語り」を開始させて頂きます。
 お目汚しな文章が続くかと思いますが、何卒ご了承下さいませ。

 さて、皆様は最近アニメやゲームで、以下の様なキャラに出会ったことはないでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

・ちっこいけど、博士号、学園祭女王、カー・オブ・ザ・イヤー取得!
・見た目○リだけど、戦術眼最強! はわわ~、敵が来たのでセンメツします~!
・幼い少女と見せかけて、右手に特殊な能力を持ちエターナルフォースで世界を救う…

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 うん、いいですね、実にイイ。


 見た目は幼いけど、ちゃんと大人の女性であるゆえのコンプレックスがあったり。
  → 「子供扱いするなーっ、私はコレでも○○歳だぞーーっ!!」
 あるいは本当に少女なんだけど、特殊能力を持ち合わせていたり。
  → 「くすくす……、お兄ちゃん、ジ・エンド、だよ?」


 いずれも、「○リ」という分野においては間違いなく人気のあるもので、
 小柄な身体ゆえのちょこまかとした動き、衣服からチラリと見える幼い肢体…
私も、大好物でございます。

(どんな事柄でも、絶対に否定から入らないが私どものモットーです)



 しかし、そういった○リも勿論いいけど、私どもはあえてこう提言します。

js_honki_01_01


 と。


 「LOあんぐる!!」「ろーらいず!!!」は、この考えを基礎として製作されています。


 SLG世代という、「女性」としての意識が薄いまま、
 胸や体つきに「ふくらみかけ~ふっくら」などの「個性」が出始める



「性徴成長」真っ只中の女の子たち。



 見た目通りに、知識もまだまだ習得中の彼女らと、



 それに応対していく主人公の「相互戸惑い」



 同居生活の中で育まれる「心と体の性徴成長物語」




 これらを、これでもか!というくらいこだわって製作しております。




 そう、一言でいえば……

-----------------------------------------------------------------------------------------------

js_honki_01_02


 ということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 基礎となる部分のお話をしたところで、残念ながら今回は終了となります。
 また次回、お会いいたしましょう。



 ------------------------------------

※現在、次回作へ「性徴成長中少女(セミリトルガール)」の概念を繋げるために
 「LOあんぐる!!」「ろーらいず!!!」の公式Webで公開されていた「SLG本気語り」を編集し
 ブログによるアーカイブ化を進めております。
 なお、編集の際に若干表現を元ネタから変更させている箇所があります。

 

LOあんぐる!!  ろーらいず!!!


manga01_01

manga01_02

manga01_03

manga01_04

かつて「新ブランドをつくろう!」と無闇に燃え上がっていたころの
はむはむソフトを描いた、全18pに渡る渾身の力作!

------------------------------------

※現在、過去に小冊子などに掲載した漫画類の
 ブログによるアーカイブ化を進めております。
 

 

下地和彦です。

maji_23_01
あったねこんなの…
と忘れがちな自分自身のためにも

twitterでもちょろっと言っていたのですが、
はむはむソフトWebや小冊子などで扱っていた過去データの
ブログによるアーカイブ化を進めています。 



今のところの予定として…

■毎週木曜日:マンガアーカイブ
過去のマンガ作品を2~4pずつくらいに分けて更新していきます。

■毎週金曜日:ネタ記事アーカイブ
過去のネタ記事を1記事ごとに分けて更新していきます。
まずは「SLG本気語り」を取り上げてまいります。(その後は未定) 


だいたいこんなスケジュールで進めようかと考えております。
間に合えば、本日の20:00頃にはマンガアーカイブの第一回目をご用意出来ると思います。
主題歌やBGMなどのサウンド関係も、Web公開されている分はまとめていきましょうかねぇ…。


多分この作業によって、
分散していたコンテンツが集約されて一気に見やすくなる……ハズ!!



正直、自分たちもどのくらいの分量があるのか把握しきれていないのでちょうどいい


新企画の情報公開が始まるまでは恐らく継続していくと思いますので、
拡散などのご協力、何卒よろしくお願いいたします!! 


-------
以下、頂きましたコメントへの返信です。

久しぶりスタッフのアイコンを使った掛け合いを見て「はむはむソフトだあああ!!!」と思いました(小並感 
>いまくらいなら宿題をやっているガチSLGとも遭遇しそうですね

アーカイブ化を進めるにあたって以前のコンテンツを見なおしているんですけど
「あーたしかにかなり長い間掛け合いしてなかったなぁ…」と思いました(小並感
 ぐぬぬぬピンポイントで改装中でなければ当日もきっとたくさん見ることが出来ただろうに!!
あ、もう改装終わったるな…(すくりと立ち上がる)